×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウォーキングの基本

有酸素運動で有名なのがウォーキングです。体の機能を整えることができ、運動をしながら一定の呼吸をすることによりたくさんの酸素を取り込みことができるのが有酸素運動です。
ウォーキングで酸素を全身に取り込むことによって、有酸素運動は体の機能を増進させます。有酸素運動は、脂肪代謝の改善や、全身の持久力の向上にも効果があり、生活習慣病の予防にも効果があります。
ウォーキングの正しい歩きかたは、気持ち腕を大きく振りましょう。腕を振ると体の前後左右のバランスが均等に保つことができます。そして歩行がスムーズになり、歩きやすくなります。意識して腕を振ります。そして、肩の力を抜いて、ひじは自分の歩きやすい角度で歩いてみましょう。あと注意するのが手の平ですね。軽くグーの形で握るのがよいでしょう。あくまでも ウォーキングは軽くしましょう。

マッスルトレーナーの効果

マッスルトレーナーのモニタ調査では、一般的なウォーキングシューズとマッスルトレーナーの場合と同じ条件で30 分の歩行をしてみました。なんと、結果は、有酸素運動による酸素摂取量の変化をみたところ、有酸素運動によってマッスルトレーナーを履いた歩行の有効性が分かったのです。マッスルトレーナーは私たちの赤筋と呼ばれる体の内側の筋肉に働きかけます。
筋肉には2 種類で構成されていて白筋と赤筋が存在します。より白筋を発達させるには、短時間で思い器具を使って鍛錬することです。赤筋は1〜2kg 程度の比較的軽い器具を繰り返すような動作でよく使われます。
例をあげると、負担の軽い筋力トレーニングやウォーキングなどの有酸素運動です。筋肉の太さとして細めなのが白筋です。筋肉の内側の部分を指すことが多いのです。ボディービルダーの体型が白筋が多いといえます。この赤筋が多いのがマラソン選手のようなしなやかな肉体です。
このようにマッスルトレーナーでウォーキングをすると美しくてスリムなボディーラインが期待できます。

ウォーキングシューズを準備

休日になると、せっかくだからのんびりしていたいと思います。だけど、いいお天気だし日ごろ運動不足が気がかりで、そうそう、前から気になっていたウォーキングをこの際、始めてみようかな。と思いさっそく ウォーキングの準備を開始しました!
ウォーキングは歩くだけなのに、準備が必要なのかな?もちろん。なぜって、体にいいことはずっと続けたいでしょう。それなら続けやすいように工夫しなくてはいけません。続けやすくするには、道具が大事なので、ウォーキングの道具といったら、まずはウォーキングシューズを準備すること。それもウォーキングシューズ自体の軽さはもちろん、全方向への屈曲がスムーズでそれを無理なく出来るようにデザインされたもの、ソールが足にムリなく曲がるように工夫された、それにシューズの重さはさらに軽く感じるのがいいですね。ウォーキングの際の、足・膝・腰等への負担は体重の2〜3倍となるそうですから、クッション性のすぐれた衝撃を吸収し、着地を安定させることが必要です。
このことをクッションテクノロジーと言うんだそうですが、軽い足どりで、長時間でも快適に歩けることが大事です。